ウーマン

安否確認で社員とうまく連携をしよう|簡単に操作ができる

報連相が的確にできる

ウーマン

ビジネスチャットがあると遠方の支店と、スムーズに連絡をとることができます。毎回電話をして話すのは時間手間がかかりますし、電話が終わったときに大事な会話を忘れてしまう可能性があります。それと比較をしてビジネスチャットは、思いついたらすぐに相手に言葉を送信できますし、大切な内容は形で残せます。内容を忘れたとしても形に残っているため、すぐに探しだすことが可能です。今からでもビジネスチャットの導入を考えてみても良いでしょう。

電話は声しか聞けないため、相手がどのような表情なのか分かりません。怒っていなくても怒っているように感じてしまうこともあります。ビジネスチャットも相手の顔を見ることができませんがスタンプ機能がありますので、言葉と一緒にスタンプを添付すると良いでしょう。そうすることで相手に自分の態度を的確に伝えることが可能なのです。スタンプには「ありがとうございました」や「お疲れ様です」などのちょっとしたメッセージも添えられているので、コミュニケーションもとれます。

基本的にパソコンでビジネスチャットは利用しますが、モバイル対応もしているためスマートフォンでも対応することが可能です。外出先にいても手軽にメッセージ内容のチェックを行なえるため、報連相を徹底できます。また、グループもつくれますので、案件ごとに分かれてのやり取りができて便利です。
ビジネスチャット1つあれば業務をスムーズにこなせるようになります。